相続放棄に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.限定承認の財産目録にはどこまで載せるのですか?

よくある質問

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

限定承認の財産目録にはどこまで載せるのですか?

 

限定承認の申立をする際には、財産目録をつくり、財産や借金の状況を家庭裁判所に知らせます。

不動産や預貯金は、それぞれ特定できる形で載せます。

不動産であれば、登記情報を転記します。預貯金であれば、銀行名・支店名・口座番号等を記載します。


しかし、動産類などはどこまで載せるか迷うこともあると思います。

実際には、価値がないような生活用品を細かく載せるようなことはせず、価値があるかどうか疑わしい家財道具については、「一式」と記載して、およその見積額を書いて提出することが多いです。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

7/6相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催

ページトップへ