相続放棄に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉3年経過後の相続放棄事例

事例紹介

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

厚木市での相続放棄ケース紹介

 

3年経過後の相続放棄

厚木市にお住まいの母子からの相談でした。

夫、父が亡くなって3年以上経ちますが、そこで債権者からの請求がされたというケースです。

母が住んでいた自宅は、亡くなった父名義のまま放置されていました。

母子とも、何となく父の財産であると思っていましたが、相続の話や登記移転手続はせずにいたというケースです。


最高裁の判決では、財産を認識している以上、熟慮期間である3か月は経過していると思われましたが、この最高裁判決以降も、下級審では、相続放棄が受理されている例が多いです。

家庭裁判所では、相続放棄の有効、無効の判断まで踏み込まずに受理されることも多いからです。

もちろん、家裁で受理されないケースもありますが、高裁で判断が変わっていることもあります。

今回のケースでは、死亡から3年経過、実家の不動産あり、という内容ですので、さすがに家庭裁判所では受理されない可能性もあり、高裁への不服申立、そこでも不受理のリスクをとって申立をしました。


機械的な申立ではなく、事情を説明したうえで、意見書を付けて提出し、家庭裁判所で無事に受理してもらうことができました。

相続放棄が家庭裁判所で受理されても、債権者からその有効性を争われることはありますが、まず家裁で受理されないと話にならないので、良い結果となりました。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

12/18相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

12/16相談会開催

ページトップへ