相続放棄に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.相続放棄をするかどうか、3ヶ月で決めなければいけませんか?

よくある質問

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

相続放棄をするかどうか、3ヶ月で決めなければいけませんか?

 

相続放棄は、3ヶ月という熟慮期間内にすることが必要です。

ただ、実際には、どのような財産があるのか、借金があるのかを調べるため、3ヶ月では足りない、ということも多いです。

このような場合、家庭裁判所に対して、3ヶ月の期間を延長してもらうよう申請する方法もあります。

熟慮期間の伸長です。

借金が多いのか資産が多いのか、すぐにはハッキリしないために、相続放棄をするかどうか決められない場合、この延長の請求をすることも1つの方法です。

 

熟慮期間の伸長が申し立てられる理由としてよくあるのが、被相続人と別居していて資産の把握に時間がかかる、会社経営など財産関係が複雑、相続財産が海外に存在する、複数の相続人間で、放棄や承認、限定承認について調整時間が必要である場合などです。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

11/12相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

11/12相談会開催

ページトップへ