相続放棄についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

相続放棄のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】

弁護士石井琢磨

TOP
所属弁護士
相続放棄とは?
相続放棄の流れ
過払い金
限定承認とは?
限定承認の流れ
費用
相談予約・地図
ケース紹介
FAQ

相模川法律事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
    雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:平日8:00~20:00
--------

<主要業務エリア>

神奈川県厚木市、海老名市、茅ヶ崎市、平塚市、寒川町、座間市、相模原市、伊勢原市、秦野市、小田原市、南足柄市、藤沢市、大和市、綾瀬市、横浜市、川崎市、愛川町、清川村、大井町、松田町、箱根町、湯河原町、真鶴町、中井町、大磯町、山北町等神奈川県全域。東京都町田市等全域。 本厚木駅ほか新百合ヶ丘、柿生、鶴川、玉川学園前、町田、相模大野、小田急相模原、相武台、座間、海老名、厚木、愛甲石田、伊勢原、鶴巻温泉、東海大学前、秦野、渋沢、新松田、開成、栢山、蛍田、足柄、小田原、小田急永山、小田急多摩センター、唐木田、東林間、中央林間、南林間、鶴間、大和、桜ケ丘、高座渋谷、長後、湘南台、六会日大前、善行、藤沢本町、藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、片瀬江ノ島、中山、十日市場、長津田、成瀬、町田、小淵、淵野辺、矢部、相模原、横浜、平沼橋、西横浜、天王町、星川、和田町、上星川、鶴ヶ峰、二俣川、希望ヶ丘、三ツ境、瀬谷、大和、相模大塚、さがみ野、かしわ台、茅ヶ崎、香川駅、寒川駅、宮山、倉見、門沢橋、社家、入谷、相武台下、下溝、原当麻、番田、上溝、南橋本、橋本駅など


FAQ(よくある質問)

QA 再転相続での相続放棄はできますか?

二重の相続が発生していることがあり、その際に相続放棄が問題になることがあります。

再転相続

再転相続と呼ばれるものですが、祖父が亡くなり、その後、相続人である父が、相続をするのか、放棄をするのか、熟慮期間中に亡くなってしまったというケースです。

の相続と、②の相続がハッキリしない状態です。

このようなときに、祖父には借金があるので相続放棄をしたい、父の財産は相続したい、というタイプの相続放棄をすることがあります。

祖父→相続放棄

父→相続

このような再転相続の際の、熟慮期間について、民法916条では、

「相続人が相続の承認又は放棄をしないで死亡したときは、その者の相続人が自己のために相続の開始があった ことを知った時から起算する。」としています。

の際に、父が2カ月経ってから亡くなった場合、Cさんが、祖父の相続放棄をするかどうか残り1カ月しかないのでは、大変ですので、②の相続を知ってから3カ月という期間が与えられているのです。

祖父の分の①の相続放棄をするかどうかも、3カ月の熟慮期間があるのです。


この場合、Cさんは、①と②のそれぞれについて、相続をするか相続放棄をするか決めることになりますが、順番によっては、取れない選択肢があります。

祖父の①の相続は放棄し、父の②の相続をすることはできます。

しかし、祖父の①の相続分だけを自分がもらおうとし、父の②の相続を放棄することは難しいです。

の相続放棄を①より先にした時点で、①の相続については承認も放棄もできなくなるとされています。



相続放棄相談版TOPへ