相続放棄に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.再転相続での相続放棄はできますか?

よくある質問

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

再転相続での相続放棄はできますか?

 

二重の相続が発生していることがあり、その際に相続放棄が問題になることがあります。

再転相続と呼ばれるものです。

祖父が亡くなり、その後、相続人である父が、相続をするのか、放棄をするのか、熟慮期間中に亡くなってしまったというケースです。これを再転相続といいます。

の相続と、②の相続がハッキリしない状態です。

このようなときに、祖父には借金があるので相続放棄をしたい、父の財産は相続したい、というタイプの相続放棄をすることがあります。


相続放棄


相続


このような再転相続の際の、熟慮期間について、民法916条では、

「相続人が相続の承認又は放棄をしないで死亡したときは、その者の相続人が自己のために相続の開始があった ことを知った時から起算する。」

としています。

の際に、父が2カ月経ってから亡くなった場合、Cさんが、祖父の相続放棄をするかどうかを判断するのに残り1カ月しかないのでは、大変ですので、②の相続を知ってから3カ月という期間が与えられているのです。

祖父の分の①の相続放棄をするかどうかも、3カ月の熟慮期間があるのです。


再転相続と相続放棄の最高裁判決(令和元年8月9日)

再転相続でできない相続放棄

この場合、Cさんは、①と②のそれぞれについて、相続をするか相続放棄をするか決めることになりますが、順番によっては、取れない選択肢があります。

祖父の①の相続は放棄し、父の②の相続をすることはできます。

しかし、祖父の①の相続分だけを自分がもらおうとし、父の②の相続を放棄することは難しいです。

の相続放棄を①より先にした時点で、①の相続については承認も放棄もできなくなるとされています。

相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店

7/6相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所

7/6相談会開催

ページトップへ